お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

12月

18

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜

楽しもう、体験しよう、マイクロソフトの最新技術

主催 : Microsoft Student Partners

ハッシュタグ :#mspjp
募集内容

一般学生枠

無料

先着順
26/40

岩崎学園枠(岩崎学園の学生のみ)

無料

先着順
6/10

イベントの説明

flyer

Microsoft Student Partnersがプロデュースする学生限定ハッカソン

Microsoftの製品の良さを学生に向けて発信する学生団体であるMicrosoft Student Partners(MSP)が横浜で学生限定ハッカソンを行います! 毎年多くの最新技術を提供しているMicrosoftプラットフォームのテクノロジーをMSPのサポートを受けながら学び、自分の作品を作り上げましょう。

ハッカソンとは?

ハッカソンとは1日で自分のアイデアを実現し、みんなで成果を見せ合うITテクノロジーのイベントです。 勉強会のような講師と聴衆の一方向形式ではなく、講師のサポートを受けながら自分の手を動かし、1日でアイデアを実現することができ、一日で多くの刺激を受けることができます。 MSPがちょっと変更するだけで面白いものが作れるようなテンプレートを用意していますので「自分はプログラミングがあまり得意じゃないから不安...」という人も安心してアイデア実現に注力できます。

内容

本ハッカソンはBot FrameworkとCognitive Serviceを中心に行います。

お題

Cognitive ServiceとBot Framework (その他API使用可)を用いて学生生活に役に立つオリジナルなBotを作ろう

Bot Framework

FacebookのMessenger botやLINE botなど、プログラムがまるで人のように対話することで新しいサービスを提供するBotプラットフォームが最近とても話題です。 MicrosoftはBot FrameworkというBotを簡単に構築する開発プラットフォームを提供しており、開発者は少しプログラミングをするだけでお話しするBotを構築できます。

Cognitive Service

画像の物体認識、人の顔の感情認識など人工知能の技術はここ最近で急速な発展を遂げ、様々なインテリジェントシステムをことができるようになりました。 Microsoftはそのような人工知能の技術をWeb APIを通して簡単に利用することができるCognitive ServiceというAPIを提供しています。 Cognitive Serviceを利用することで画像に何が写っているのか判定したり、人の感情を判定したりできます。

講師がサポートするプラットフォーム

ハッカソンなので技術力がある方は上記の技術が使えればいかなるプラットフォームでも参加可能です。 MSPがサポートを提供するプラットフォームは以下のようになります。

Windowsの場合

  • C#によるBotの開発
  • C#によるCognitive Servicesへのアクセス
  • Azure WebAppsによるBotのデプロイ

Macの場合

  • Node.jsによるBotの開発
  • Node.jsからCognitive Servicesへのアクセス
  • Azure WebAppsによるBotのデプロイ

当日の状況によりますが上記のテクノロジーでBotアイデアを実現する場合、資料や講師を用意し、ハッカソンのサポートを行います。 もちろんその他のプラットフォームでも我々でできるだけサポートを行いたいと思います。

必要な環境

上記のテクノロジーを利用する都合上、参加者の皆様には参加する前に環境を構築してもらう必要があります。 開発環境は以下になります。(すべて無料で用意可能)

Windows10 PCをお持ちの方

  • Windows10 PC
  • Visual Studio Community 2015
  • Microsoft Imagine (旧Dream Sparkのライセンス)
  • Microsoft Azureの環境

Macをお持ちの方

  • Mac OSX(バージョンはなるべく新しいの)
  • Node.js、npmの環境
  • VS Code(node.jsが記述できればなんでもいいですがVSCodeをおすすめします)
  • Microsoft Imagine (旧Dream Sparkのライセンス)
  • Microsoft Azureの環境
  • Dropbox、OneDrive、Githubどれかのアカウント

環境構築方法

Windows10の方

ご自身でご用意ください。事前にご連絡をいただければ台数に限りはありますがお貸しすることができます。

Visual Studio Community 2015

Visual Studio Community 2015インストール方法を参考にしてください。

Macの方

Visual Studio Code

  • こちらを参考にしてVisual Studio Codeをインストールしてください

Node.js npmの環境

  • こちらを参考にしてnode.js、npmをインストールしてください。 下記2つのコマンドをターミナルで実行してエラーが出なければOKです。
node -v
npm -v

Windows、Mac共通

Microsoft Imagine (旧Dream Sparkのライセンス)

【学生無料】Microsoft Imagine の登録方法 ~Microsoftの有償製品を無料で使う~を参考にして登録してください。

Microsoft Auzreの利用環境

【学生無料】Microsoft Imagineを利用してMicrosoft Azureに登録する方法を参考にしてAzureの管理ポータルにアクセスできるようにしてください。

タイムスケジュール

当日は以下のような予定で行います。 13:00には会場につくようにしておいてください。

時間 内容 講師
13:00~13:10 あいさつ がりっち(MSP&MVP)
13:10~13:20 環境準備&簡単な説明 がりっち(MSP&MVP)
13:20~15:00 チュートリアル MSPメンバー
15:00~15:10 休憩
15:10~17:30 ハッカソン MSPメンバー
17:45~18:45 懇親会&成果物発表会
18:45~19:00 おわりに
19:00~ 撤収

参加費

無料

注意

学生限定でお願いします。

連絡先

ハッカソンについて何か質問があれば@_mspjpまでご質問ください。 返信が遅い or twitterをやっていない場合garicchi(at)live.jpまでメールをいただければお返事します。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

garicchi

garicchi さんが Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 を公開しました。

2016/10/14 04:50

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 を公開しました!

グループ

Microsoft Student Partners Japan

学生のためのMicrosoft技術勉強会

イベント数 19回

メンバー数 339人

終了

2016/12/18(日)

13:00
18:00

募集期間
2016/10/14(金) 04:50 〜
2016/12/18(日) 18:00

会場

学校法人岩崎学園 2号館 5階 509教室

横浜市神奈川区鶴屋町2-17相鉄岩崎学園ビル

学校法人岩崎学園 2号館 5階 509教室

管理者

参加者(32人)

e_phoresis

e_phoresis

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜に参加を申し込みました!

wh1tecat

wh1tecat

まさかの自分の学校が会場なんで頑張ります!

Yamazaki3

Yamazaki3

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 に参加を申し込みました!

らぞーな

らぞーな

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 に参加を申し込みました!

daiiz

daiiz

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜に参加を申し込みました!

shiranui1208

shiranui1208

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜に参加を申し込みました!

ueshiman

ueshiman

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 に参加を申し込みました!

masafumi_fukuda

masafumi_fukuda

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜 に参加を申し込みました!

ayano11

ayano11

Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜に参加を申し込みました!

jinze_yu

jinze_yu

I joined Microsoft学生限定ハッカソン in 横浜!

参加者一覧(32人)

キャンセルした人(22人)